オフィス近藤卓

サービス


Webサイト、ECサイト制作、AI機械学習システムなどの開発、ITを中心にしたビジネス顧問を提供しています。
補助金等が活用できる可能性もあります。

システム開発
(料金は応相談)


システム開発のイメージ画像
ウェブサイトからAIシステムまで
全般的に対応できます

● 提供内容


  • 主にウェブ関係、AI(機械学習)など。相談ください。

基本的にはインターネットを活用したもの全般的に開発できます。ただしIoTは大量生産のレイヤーまではお受けできません。ラズパイを用いて試作品を作る箇所は可能ですが、これは大量生産を前提にした試作品ではありません。あくまで、例えば自社の製造ラインを効率化するなどのDX用途での開発です。
*ラズパイが製品的に最終品にできないという意味ではありません。極端な話ですが、機能をつけてケースを付ければ売れます。


基本的には、まず問い合わせをしていただきたいのですが、依頼の前提として確認していただきたい点を以下に書きます。

● AI、機械学習系の開発する際のデータについて


例えば機械学習を用いたシステム開発の場合、データ自体はお客様に用意していただきます。
また、機械学習系の機能は完成がありません。納品時は期待通りの結果を返答するシステムだったとしても、実際に運用することによりデータなどの更新がある場合、AI処理(統計的な処理など)の結果が変わるため、常に同じ結果を返答、表示するものにはならない可能性が高いです。例えると、通常のシステムであれば1を入れれば2を表示するものでも、機械学習系システムは1を入れても2を表示しなくなる可能性があります。さらに、過学習してしまう問題も存在します。過学習とは、例えば少ないデータだけを用いた場合、少ないデータに過剰に適応してしまう問題です。
色々と書きましたが、もっとビジネス的に簡潔に表現すると、機械学習系のシステム開発は、オフィス近藤卓に瑕疵担保責任はない準委任契約となります。 * 準委任契約でも善管注意義務という責任があり、これを前提にサービスを提供します。


上記の例は、「運用することによりデータなどの更新がある場合」です。予め学習させたモデル(学習結果のファイル的なもの)を固定的に利用すれば似たような結果を常に返します。ただし、計算過程にランダムな要素や、数値の切り捨てがある限りは微妙にズレが起きるとは思います。

AI、機械学習系のシステムは、通常の「制御されたシステム」とは異なります。こちらを参考にしてください。[AI関連サービスとの付き合い方について|近藤 卓|note]
また、こういったシステムの背景についてはGoogle等で調査してください。相談という名でお教えすることはできません。する場合は顧問業として契約してください。

なお、私はガチで深層学習などの論文を投稿しているような研究者、専門家ではありません。ジャンルが異なります。近藤卓のスキルや背景についてはこちらをご覧ください

● スマホアプリについて


アプリ作成も可能ですが、恐らくAppleの審査で落ちます。なぜ落ちるのかを大まかに説明すると、Webサイトで充分な機能しかないアプリは審査に通りません。「アプリである必要がない」「機能がない」のように拒否されます。また、AppStoreに公開する場合、年12000円ほど必要です。

仮にオフィス近藤卓に依頼した場合、Webサイト作成よりも料金は高いです。そして審査の結果に関係なく料金をいただくことになります。

● 同業他社様へ


基本的に再委託はお断りしております。例えば、人手が足りないから協力して欲しいというケースです。

提供範囲


富山の方にのみサービスを提供しております。
また、制作等は実際にお会いしてお客様のビジネス等の背景などを確認しながら進めていきたいのですが、私の徒歩範囲を超えている場合はオンラインのやり取りのみとなります。
徒歩範囲は、富山駅の南部付近です。北は奥田、南は蜷川、西はファボーレ、東は山室あたりまでです。あくまで基本的な範囲です。その辺りを少し超えても可能です。

問い合わせはこちらから


お気軽にお問い合わせください。